HOME

Star People/宇宙文明

スターピープルの乗り物としてのUFOは、オレンジ色の光であったり、高次元の半霊半物質の物が多いようです。 物質次元のものには墜落したUFO技術を研究し、非公式に製造された地球製も含まれており、報告された全てが宇宙次元のものとは限りません。
政治的な意図から公開されたUFO情報には、スターピープルに対する懐疑的な見解が多く、メディアを通して、人類に誤った認識が広がってきました。

スターピープルは、幼い人類が銀河人類(スターピープル=神の子)へと成長を遂げること、そして瀕死の地球が蘇生し共存する全ての生命が存続する道に至ることを心から願う、 人類歴史においては神や天使と理解されてきた存在そのものであり、宇宙次元の叡智を全力で投入する体制で臨まれているのだということを強くお伝えいたします。

恒久平和の宇宙次元の文明が地上に創建されるために、その受け皿となる人類の霊性の成長が急がれている今であり、すでに実現しているいくつかのテクノロジーが平和と未来のために公開される道は、 人類自らが今までの文明歴史の過ちを認め悟ることなしに開かれません。

人類の成長と文明は、彼らとの公式三次元遭遇を契機に飛躍的に進むことになるでしょう。 その実現は、スターピープル(神の子)に成長した人類による既存の国連に替わる地球政府機関(地球連邦)を受け皿とする計画であり、地球連邦の創設が人類の宇宙時代の幕開けとなるのです。

公式三次元遭遇の場所としては、富士北方60キロに位置するセントラルスポットの某山麓に整備された敷地が予定されています。

人類は、彼らスターピープルの切実な心情に触れ、懐疑的な認識から脱皮し、スターピープルの仲間入りを果たしていく時を迎えています。

― 彼らは、地球人類に不安と恐怖を招くことを、決して望みません。
地球人類の魂の覚醒と、宇宙意識への目覚めを期待しながら、
今回の地球創生計画を、静かに見守っています。―

関連メッセージオ

totop