HOME

メッセージ一覧

愛の警鐘2ツイッターメッセージ保存版

(29ページ 全863メッセージ)

361-390
361.神々の事情を背負って生きる。 それが神の子の姿である。
 
362.人はこの世の事情に振り回され生きているが、
神々の事情を尋ね求める者はいないのだろうか。
 
363.人は自分の目線で神に祈るが、神の目線で祈る者はいないのだろうか。
 
364.自分の目線でメッセージを読む人は多いが、
神々の心情と事情を尋ねてメッセージを読む人は少ない。
 
365.時は満ちている。あなたは原点回帰しているのか。
 
366.原点回帰とは人類共通のテーマであり、個々に異なるものではない。
原点回帰の本質を見極めなさい。
 
367.神の子宣言に必要な条件を忘れてはいけない。
神々と霊界人が認める神の子とならないからだ。
 
368.人は生まれながら神の子として創造されている。
しかし後天的に生じたカルマから解放されなければ神の子として蘇生はしない。
 
369.ヤハウェの保護圏なくして人はカルマから解放されることは無い。
 
370.ヤハウェの保護圏とは、
ヤハウェの受け皿となる神の子の執り成しにより造られる慈愛の園である。
 
371.自己の咎を認めない者が審判から免れることは無い。
 
372.不動でない者は人霊の穢れに振り回される。
だからいつも不動の神の子でありなさい。
 
373.努力することは惜しまないが、焦りと無理は禁物である。
 
374.アセンションとは、神の子として自己創造することである。
 
375.我欲を捨てなさい。我欲は神の恩寵の妨げになるからだ。
 
376.意識を世界に向けなさい。井の中の蛙では神意に触れることが出来ない。
 
377.不動にならないのは、神々との絆が弱いからだ。
 
378.愚者は人間の声に翻弄されるが、賢者は神の声に従う。
 
379.美は愛により育まれ、愛は美により啓発される。
 
380.真理を学ぶ目的は、愛を深めるためである。
 
381.言葉は真理を伝える方便であり、言葉自体が真理なのではない。
 
382.人霊から神々に目線を切り替えなさい。
人霊主体に意識を合わせている内は、神々が働く受け皿とはならない。
 
383.聖人や偉人の霊に意識を合わせる以上に、
聖人や偉人を導かれた神々に意識を合わせなさい。
人霊だけに意識を合わせている内は、
ヤハウェ無き似て非なるシャンバラ世界のカルマの呪縛から脱皮することは出来ない。
 
384.羊の衣を着た狼の言葉に惑わされてはいけない。
狼は人霊の霊言を多く語るが、神々の言葉は語らない。
 
385.不動でない者は人霊や霊言に振り回される。
彼らには神の声が聞こえない。
 
386.宇宙経綸は世界経綸と異なり、
人知を超えた神人一体による奇跡の連続となるでしょう。
なぜなら人間の魔性が入る余地を与えないためです。
 
387.愚者は神の如くに悟った振りをするが、賢者は神の前に無力であることを悟る。
 
388.愚者は知識で己の不足を隠そうとするが、賢者は愛で己の不足を補おうとする。
 
389.未熟者であっても良いが、不熟者であってはいけない。
 
390.地球人類の歴史は、銀河系宇宙人類の歴史の縮図である。
 

(29ページ 全863メッセージ)

totop