HOME

メッセージ一覧

愛の警鐘2ツイッターメッセージ保存版

(29ページ 全863メッセージ)

211-240
211.いずれ天使や神々に代わる言葉が必要である。
なぜなら彼らは銀河人類として高度に進化した宇宙生命体だからだ。
 
212.武力による統治は人のこころまで治めることは出来ない。
 
213.大宇宙創造の第一原因的本源意識を神と呼ぶ。
 
214.神は時空を超えて永遠に自存する大宇宙の本源意識である。
 
215.神々や天使の正体は
銀河人類としての高度な宇宙生命体であり、神ではない。
 
216.カルマを清算した人類は、
いずれ神々や天使と同じような高度な宇宙生命体として進化する。
 
217.宇宙生命体も霊と肉を有する存在であり、
肉体が朽ちれば霊として宇宙霊界で生きる。
 
218.心の穢れが食と性を汚している。
だから絶えず心の穢れを浄化しなさい。
 
219.人は霊性の進化と共に肉食系から菜食系に進化し、
そして何れは宇宙生命体のように必要な栄養を自体内で生成する
独立栄養生物体へ進化する。
 
220.本来の結婚とはツインソウルが理想であり、
それはお互いに負の遺伝子情報を相殺し合い、
そして互いの神性を生かし合う組み合わせである。
 
221.既に結婚している夫婦は、まず夫婦共に神の子意識への目覚めが必要であり、
それまで夫婦関係は留めるべきである。
 
222.ツインソウルでは無い夫婦であっても、お互いに神の子意識に目覚めれば、
ツインソウルの恩恵に恵まれるでしょう。
 
223.肉体の食欲、性欲、睡眠欲が悪なのではない。
肉体の欲を正しく治められない穢れた心が悪なのである。
 
224.身体は神の子が宿る神の宮である。だから身体を汚してはいけない。
 
225.飽食は身体を汚す罪である。
 
226.人は神の子ではあるが神では無い。
 
227.罪を許すとは、その罪の責めを自らのものとすることである。
 
228.悪魔とは、罪に汚れた人霊の集合意識である。
 
229.悪魔の最大の罠は、自分は神であると信じ込ませること。
 
230.罪に汚れた人霊たちも、本来神の子として創造されていた存在である。
 
231.地上人が神の子意識に目覚めた恩恵で、
霊界人も神の子意識に目覚めることが出来る。
 
232.ヤハウェは人類始祖になぜ厳しい戒めを与えたのか?
それは善し悪しの判断もつかない幼い時期に堕落する可能性があったからである。
 
233.愛の成長進化は自由意志による不確定性の領域にあり、
神も干渉することは出来ない。
 
234.創造性は自由意志の産物である。
 
235.責任の無い自由は無い。自由には責任が伴うものである。
 
236.愛の力は死をも超える力である。
 
237.子が親に愛を求めるのは自然の行為である。
 
238.奪い合う愛は魔性を啓発し、与え合う愛は神性を啓発する。
 
239.終末の時代は、カインとアベルの立場が逆転する。
なぜなら真のアベルとはカインの立場を乗り越えた者であるからだ。
 
240.分裂が生み出すものは破壊であり、調和が生み出すものは永栄である。
 

(29ページ 全863メッセージ)

totop